スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「表音文字」使用の日本人の運気

天命数霊術
10 /03 2015
「表音文字」使用の日本人の運気(まとめ)?

2011.05.17 Tuesday - 15:59 comments(0) -

[第1276回](小吉)・・・5月17日(小吉)

『 外国に在住している日本人、日常、姓名はアルファベットばかり使用している場合の判断はできるのでしょうか?』
というご質問が、PCメールにありました。
 これは、過去のブログにも投稿済ですが、最近、このブログを読み始めた皆さんに、ご参考までに”まとめ”ました。
(私の回答文)
『・・・運気というものは「人間の五感」(視覚・聴覚・触覚など)で、中枢神経から脳波の刺激により、先ず”性格”の変化から、他の運気(健康運・知徳運・家庭運・職業運・金運など)が好転、又は下降してきます。
 したがって、ちょうどタレントが戸籍や本名からではなく、日常使用の頻度が多いタレント名で運気が変化するのと同じ考えなのです。
 たとえば、五千円札の「樋口一葉」は、作家としてのペンネームですね。 決して、本名の「樋口奈津」の功績が認められて、紙幣の肖像となったのではないですね。同じように、「美空ひばり」の芸名で、国民栄誉賞であって、戸籍や本名の「加藤和枝」の評価ではないですよ。
 いかに日常使用が大事であるか、分かりますね。ですから、日本中の熊崎式などは、日常使用しない「戸籍や旧漢字で判断しなさい。」というのは、大きな間違いなのです。
 さて、外国人のように「表”音”文字」(アルファベット・ハングル文字など、記号・符号)は、”五感”のうち、”聴覚”の「音感」のみしか判断できません。
 しかし、これは不思議なことですが、それを日本語のカタカナに変換すると、”画数”で吉凶判断ができるのです。例えば、「キリスト・リンカーン・オバマ・・・」などは、トップを現す”9画”ですね。
 また、国名でもカタカナ表示で「アメリカ(8)イギリス(11)・フランス(7)・イタリア(9)・ドイツ(9)・ロシア(8)・・・」など、日本語のカタカナ表示で、国の性格や運勢が判断できます。
 また、最近気付いたのですが、日本ハムの選手「ダルビッシュ」は、19画の最大吉数です。(日本人ですが「イチロー」も9画ですね。)
 以上のとおり、「天命数霊術」で判断できるのは、”語源”又は”語源”が推定できる日本語の「表”意”文字」のみです。ですから、現在の中国では、漢字を簡略化した「簡体文字」を使用していますので、”語源”が崩れ、正確に判断できません。
 古代神話の時代では、エジプト・ギリシャ・ローマ・インド・中国・朝鮮でも「絵文字・象形文字など」で、”語源”を現す「表意文字」が多くの国で使用されていましたが、時代の変遷とともに「表意文字から表音文字へ」と変化し、現在では、世界で「表意文字」を使用しているのは、日本のみになったのも、”世界の不思議”の一つです。そこに、日本(9画)という不思議な国の神秘性があると思います。・・・望月』
と返信しておきました。
 以上のとおり、運気を好転させるようなベストの名に改名して、タレントにレビューしたつもりで、日常使用すれば「奇跡の転換」もあるのですよ。

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。