スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベルが低いのに、失望

四方山話
08 /15 2015


2011.04.01 Friday - 00:42 comments(2) -

[第1240回](小凶)・・・4月1日(大吉)

『 昨晩の2時間スペシャル;民放TV「アナタの名字SHOW」を見ましたか? 』
 実にレベルが低いのに、失望しました。タレントの同姓3人ずつ集めた「伊藤・山田・佐々木・高田・・・」など、その名字の謂れをVTRにして、そのタレントなどにコメントをもらう趣向でしたが、名字と苗字の違いも説明せず、全体的にそれらの前提が大きく間違っているのです。
 例えば、「佐々木」さんの苗字ですと、平安末期の佐々木源氏の流れ・・・とVTRが説明すれば、現在、「佐々木」という名字のタレントは、「自分は源氏だったのか・・?」などと誤解するのですよ。
 いいですか、名字と苗字とは違うのですよ。しかも、「公称と私称」と「屋号」との違い、そして、江戸時代の「士農工商」「苗字帯刀御免」、さらに明治5年の「苗字必称令」と「壬申戸籍」のことも前提にTVで紹介しないと、現在の全国の「佐々木」さんは”源氏なのか”と誤解しますよ。
 なぜなら、江戸時代は「士農工商」で、苗字を公称できるのは、公家・武家・村役人・豪商・豪農など、国民の2割くらいしか、苗字を許されていなかったので、日本人の8割は明治以降の苗字なのです。
 明治5~15年位の年月を要して、村役人・神職・住職・町医者など、漢字の読み書ができる人に名付けてもらった実例が、全国いたるところに伝承があります。ですから、平安時代からの佐々木さんもいれば、明治以降の佐々木さんもいるのですよ。
 また、例えば、平凡な苗字「中山・竹田・・・」さんは、上流公家の子孫もいれば、明治以降に庄屋さんから「お前の家は、中山だ!」と名付けられた子孫もいるのです。
 このことは、過去のブログに4回、関連した投稿をしていますので、復習する方は、再読して見てください。
[第26回07.7.9]  [第259回08.2.21] [第472回08.10.29] [第744回09.9.1]
 TVで放映すること、有名人の言うこと、みんな正しいと言う前提で見てはいけませんよ。騙されることがあるのですよ。昨晩、同姓の3人グループ「伊藤・佐々木・山田・高田・・・」さんなど、みな同じ一族ではない場合もあるのですよ。
 「苗字の常識」がないので、熊崎式姓名判断の多くは、苗字の画数を求めて、「先祖代々受け継がれ、血筋が同じで、家柄もわかります・・・」なんて、間違った記載をしている本が多いのです。
 いいですか、「藤原」でも平安時代から続いた家系もあれば、明治5年以降に庄屋さんから名付けられた家系もあるのですよ。
 先日の投稿でも記載しましたが、「徳川」でも将軍とは関係ない「徳川夢声」(芸名)さんもいるし、「松平」さんでも、必ずしも大名とは関係ない人もいるのです。
それに、昔は「家名の存続」と「家督相続」で、次三男は”苗字”が異なり、しかも血縁がない家に”養子”に行った例も多いです。ですから、現在の苗字で、先祖の血筋など推定もできない家庭もあるのですよ。
 どうして、こんなことも理解せず、TV放映したのでしょうか・・・。実にレベルが低い番組に呆れましたね・・・。 

コメント
 私も興味深く番組を見てました。途中からですが・・・山崎という姓のルーツに絡めて 築城の名手「山崎家治・地画19」が紹介されてました、番組自体は大したことはありませんでしたが、先生の説はやはり凄いと感心させられました。

成寿 2011/04/01 4:37 AM

成寿さま
 私の知人で、明治以降からでも、3回も苗字が変遷した家庭もあります。現在の苗字で決して先祖を推定できないのです。さて、築城の名手なら「加藤清正」や「藤堂高虎」を紹介してから「山崎家治」を紹介するのが順序です。この番組のデレクターは、苗字に関しては素人ですね。「藤堂高虎」は天格も19で地格も19ですね。

望月岳陽 2011/04/01 8:29 AM

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。