スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優れたアイデア

根拠のない話
07 /09 2015


2011.02.18 Friday - 10:22 comments(2) -

[第1204回](小凶)・・・2月18日(中吉)

『 "防府天満宮奉納"「いなり寿司」のシール。その終わりに2行赤字で「防府天満宮で学問の神様にいなり寿司を奉納し受験生の合格を願って参りました。」と記載してある。』
 昨夕、スーパーの惣菜売り場で、こんなシールが「いなり寿司」のパックに貼付してあるのが目に入りました。
 最近、「受験生の夜食のために・・・」というインスタントラーメン類は見たことがありますが、このスーパー内で調理している「いなり寿司」にこんなシールが貼付されているのは、初めてみました。
 ショーケースの中には、外部業者の「いなり寿司」も売っているのですが、私は「受験生の応援を兼ねて、一つ買ってやるか。」と1パック買いました。
 さて、皆さん、このような「”祈祷済み””奉納済み”」の表示と節分の「”開運”恵方巻き寿司」との違いが分かりますか?
 
結論から言いますと、「祈祷済み・奉納済み」の表示は、”付加価値”を高めるために、大いに推奨できるアイデアです。

 しかし、「開運」の表示は”不当表示”になり、法違反になります。なぜなら、社寺が表示する宗教上の「開運」と異なり、スーパーで売るような節分の「恵方巻き寿司」では、絶対に”開運”になるはずがないのですから、”不当表示”になります。
 これは、健康食品に薬品と同様な「効果・効能の表示」をしていると、景表法及び薬事法違反になるのと同じ解釈になります。
 単に”祈祷済み・奉納済み”の表示なら、開運の”効果”まで保証している訳ではないので、”不当表示”にはなりません。
 私は、従来から「商品には、他店にない”独創的”な付加価値を高めなさい。」との持論ですが、この「防府天満宮奉納”いなり寿司”」こそ、正に優れたアイデアです。

 さて、命名・改名という業務は、「”商品”ではなく、”労務”を提供するサービス業務」に当たり、しかも「知的財産権」になりますので、”開運”と表示しても、景表法の”不当表示”にはなりません。

 しかし、これが社会通念上から見て、異常な何百万円の報酬(命名・改名料)なら、それは「詐欺罪」の疑いがあります。でも詐欺罪というのは”故意犯”であって、”過失”は詐欺罪にならないところに、悪徳な霊感業者などの取り締まりは難しいところがあります。

 まあ、「”開運””恵方”巻き寿司」に騙されるくらいなら、被害は少ないのですが、”効果がない命名・改名”の業者や”ニセ霊能者・行商の印鑑屋”ほど高額ですから、シッカリとした識別能力を持ち、騙されないように・・・。  





コメント
近所の寿司屋さんの恵方巻きDM作成をしたとき、「丸かぶりで幸福を呼び込む 恵方巻き」と浅慮にも文字にしてしまったけれど、”不当表示”だったかしら…まずかったかしら…。来年は、この書き方はやめようと思いました。先生、ありがとうございました。

「柴」 2011/05/22 4:32 PM

柴さま
 そうです。本来「開運!恵方巻きすし」の”開運”の表示は違法なのですが、公正取引委員会も、消費者の被害程度が少ないので、大目に見ています。来年からは、実際に地元の有名な社寺の「祈願済・奉納済」なら、少しも違反ではないし、消費者へのインパクトは、むしろ新鮮味・意外性があると思いますよ。第一、「開運」の表示なら、私は買いませんですよ。そんな表示は、巷に溢れていますからね。 

望月岳陽 2011/05/22 5:47 PM

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。