不思議な共通点? 不可解な事件?

0・2タイプ
07 /08 2015
2011.02.17 Thursday - 10:24 comments(0) -

[第1203回](小吉)・・・2月17日(小吉)

『 不思議な共通点? 不可解な事件?』
 もう、不可解な殺害事件の話題は止そうかと思っていましたら、
同じ「①高等専門学校の女子生徒②天格2系列の姓名③”歩”の字体使用④加害者?は”同級生”⑤殺害動機の不可解さ」の”5つの共通点”で思い出したのです。
これほど共通した事件は、実に珍しく不可解です。
 (初めに、お断りしておきますが、このブログは一般の興味本位の書き込みとは異なり、ご遺族には大変お気の毒な事件ですが、再び、このような事件を誘発することがないよう”赤ちゃんの名付け”には十分注意して頂きたいという公益性のために、話題として採り上げさせて頂きました。)
 今から3年半前のこと、山口県徳山工業高等専門学校の5年生「中谷 歩」(なかたにあゆみ)さんが、同級生の男子に殺害された事件が記憶にありませんか?
 さて、不思議な共通点がある事件が発生しましたね。
 それは、去る14日のバレンタインの日ことです。
 新潟・長岡工業高等専門学校で、同級生の男女生徒2人が校舎から転落し、女子生徒「佐藤史歩」さん(1年生;16歳)が死亡しました。2人には刺し傷があり、心臓に達するほどの個所もあったとのこと。男子生徒は背骨を折る重症であり、回復を待って詳しく事情を聴くとのことです。
 さて、皆さん、天格「2」系列は”事件事故”を呼ぶよいう実例を纏めたもの[第42回07.7.23]を再読してください。そのうえ、「歩」という”語源”は”歩む”の逆;「足が交叉している状態で、足がもつれて歩けない。」という運勢になります。それでも、天格・地格の画数さえ良ければ、難を逃れることがあります。しかし、この「歩」を特に、名の下に使用すると”形”が悪く、不安定な姓名となり、風水にいう”龍神”が守護しにくい姓名ですので、”事件事故”や”下半身が弱く歩行困難”にもなる実例も多くあります。
「佐藤史歩」天格12・地格26・総格38
(「中谷 歩」天格12・地格7・総格29)
これらの姓名から観ましても、総格よりも、対外的な運気を左右する天格(苗字1字目+名の1字目 )が、いかに大切であるか、理解されましたでしょう。この考えが、全国の熊崎式と180度、異なる説なる「天命数霊術jなのです。




youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。