スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”良い名”と”意味不明の名”の違いは

キラキラネーム
05 /24 2015
”良い名”と”意味不明の名”の違いは”運気”の差!?

2010.12.29 Wednesday - 11:05 comments(7) -

[第1160回](大凶)・・・12月29日(大吉)

『 相変わらず、”読めない・書けない・意味不明”の赤ちゃんの名が多いですね。』
 しばらく、最近の赤ちゃんの名を紹介していなかったので、地元新聞から、184人の中から「良い名」と「意味不明の名」をピックアップしてみました。
 真に”運気の良い名”は、「天命数霊術」から①画数②語意③語源④音感⑤龍脈の5大条件を充足しないとベストの名ではないこと、このブログを初めから読んでおられる方は、もう”耳にタコ”ができましたでしょう。
 さて、今日は②「語意」=”意味不明”の名に絞ってみましょう。
[語意=意味不明の名](苗字との関係は省略)
「菜々海(ななみ)」「結寿碧(ゆずあ)」「弓叶(ゆみか)」「友佑河(ゆうが) 」「凌瞳(りょうと)」「澪(みお)」「莉音(りお)」「朱音(しおん)」「琴葉(ことは)」「友菜(ゆな)」「夢杏(ゆあん)」「莉玖斗(りくと)」など、殆ど”意味不明?”の名ですね。
 「そんなこと、干渉するな! 親が愛情を持って真剣に名付けたのだから・・・」と、苦情が聞こえるようですが、家族だけが”読み・書き・意味が分かれば良い”のではありませんよ。子どもは、やがて社会生活を送るのですよ。、いつまでも、家庭の中で生活する訳ではありません。
少子化の日本、子どもは国民みんなで育てる意味から、僅かですが税金で「子ども手当」を支給しているのです。将来の日本の発展のため、1人でも多くの”運気”が良い子どもを誕生させねばなりません。

「菜々海」・・・海の中に”菜の花”でも咲いているのでしょうか?
「友菜」・・・”友人の菜”とは? なんの意味なのか?
「琴葉」・・・”琴”には”葉”があるのでしょうか?
「弓叶」・・・”弓”が叶うとは? 将来、弓道でもさせるのかな?
「莉音・朱音」・・・聴いてみたいですね。どんな音かな?
(同じ「音」を使用するなら、個別限定的な「莉・朱・・」などではなく、抽象的一般的な「彩・綾・美・・・」を使用し、「彩音・綾音・美音子・・・」などのように「音=ね」の音感が綺麗です。投稿済ですが、ある占い師が歌手「西川峰子」を「仁支川峰子」にして、ガンになりましたが、私なら「西川美音子」に改名しますよ。歌手ですから「音=ね」が適合します。要するにセンスを高めることです。)

 これに対して、本当に”語意”に優れた名付けは、殆どありませんね。
 実に、184人中に、次の2人だけです。ですから、将来、健康・知徳などが優れた子は”100人に1人”くらいであり、偉人・名人・名君は”百万人に1人”くらいなもので、世の中”99.9%”が平凡な人になるのですよ。
男児「志龍(しりゅう)」ちゃんの1人、女児では「華奈(かな)」ちゃんの1人くらいでしたよ・・・。
特に「龍」の意味は、すでにブログで投稿済ですが、それには”深い意味”があり、それに「志す」とは、素晴らしい組み合わせです。私もこの組み合わせには気付きませんでした。「龍」の有名人では、「坂本龍馬」(土佐藩志士)「村上 龍」(作家)や「橋本龍太郎」(元首相)などがおられます。



コメント
前NHKで昔の人も読めない名前の子供がいて先生が困ってた事があったらしいです。
最近の子供も読めない名前多いので自分で名前を紹介できるようになりましょうとか言ってましたわ。
変な名前やめろとかNHKが言えませんからね(笑)
多分もう少ししたら普通の読める名前が増えると思いますよ…。

AQUOS 2010/12/30 2:16 PM

男の子も女の子も優しい響きの名前が流行のようで、周囲には「ゆ」で始まる名前の子ばっかりです。ひ、み、ち、りなど頭脳の発達を助ける音の名前が少ないのも気になります。「ゆあ」とか「ゆな」系の名前にはもう食傷気味です。

仁美 2010/12/30 8:18 PM

先日もタレントの辻希美さんが今月26日に出産された息子さんに、青空と書いて『せいあ』と読むお名前を付けられましたね。どういう子になるのでしょうか?ちなみに長女は希空と書いて『のあ』ちゃんです。希望が空しいとはなんとも可哀相ですね。先生の学問とこのブログを世の中の多くの人に知ってもらいたいです。

坂本 2010/12/30 10:06 PM

質問をさせて下さい。『唯』という字は名付けにはあまり適していないのでしょうか?

石川 2010/12/30 10:27 PM

AQUOSさま・仁美さま・坂本さま
 3人合わせてごめんなさい。
 本当にそうです。最近の名付けは、漢字は当て字読みで、日本語では無くなっており、「青空」の”空”を”あ”と読めませんし、「希空」の”希”を”の”とは日本語ではありませんね。「ゆ」という音感が弱音なので、強音と組み合わせないと、運気の弱い子になります。「ゆ」から始まるなら「ゆり・ゆりか・ゆりえ・ゆきな」などなら良いのですが、「ゆい・ゆうや・ゆあ・ゆな」などは弱音であり、運気の弱い子になります。

岳陽 2010/12/30 11:00 PM

石川さま
 私は、「唯・雅・雄・・・」などの字体は、命名・改名には絶対に使用しません。なぜなら、右の旁は”ふるどり”で「鳥」を現し、「唯」は”鳥の口”であり、語意も”ただ、それだけ”という「発展性がない」意味なのです。「唯」は流行字・「雅」は昔から名にありますが、不思議に”健康ではない人”が多いのです。人名には、”動物系”(人偏や架空のもの・龍・鳳凰は吉)ではなく”植物系”の抽象的な字体が運気が良いのです。ブログに投稿済ですから、再読してください。

望月岳陽 2010/12/30 11:22 PM

先生、ありがとうございます。とても勉強になりました。『ふるどり』はよろしくないのですね。そういえば、唯は『ただ』と読みますよね。ただそれだけ…納得です。

石川 2010/12/31 12:24 AM




占い・鑑定 ブログランキングへ


gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。