来年のラッキーカラーや方位の矛盾

根拠のない話
04 /16 2015
来年のラッキーカラーや方位の矛盾?

2010.11.22 Monday - 11:18 comments(7) -

[第1129回](大吉)・・・11月22日(大凶)

『 今日は”いい夫婦”の日? このゴロ合わせは、まだ罪がない。でも、ラッキーカラーなんて、全く根拠がないし、その矛盾に気が付かない人は、誠にお目出度いですね。 』
 このブログの初めの頃は、「干支・厄年・鬼門・戒名・墓相・・・」など、いかに昔から”騙されてきたか”を、投稿してきました。
 皆さん、占い本・週刊誌やサイトには、日・月・年別に「ラッキーカラー」や「恵方位」を、いかにも真実のように記載されていますが、その矛盾に気が付きませんか?
 先ず、ドクターコパは、毎年のように「”風水”による”来年のラッキーカラー”」を、TVや雑誌で発表していますね。
 でも、”風水”には”色彩”吉凶判断なんて、全くないのですよ。風水というのは、自然環境と人体との係わりを判断するため、”理気”と”らん頭(形)”が影響する「陰宅風水」と「陽宅風水」から始まったもので、”色彩”とは何の関係もないのです。「風水は習得していません。」と、自ら認めているようなものです。
( 今年3月に、日本で唯一の風水師「鮑 黎明」氏が、まだお若いのに急死されたことは、非常に残念です。)
「ラッキーカラー」というのは、彼が専門の「建築学の色彩感覚」から、彼が思いつきで勝手に「来年は・・・色」なんて言うのですよ。実に、いい加減な自称;風水師が溢れ、”本物”の風水師「鮑 黎明」氏や霊能者「宜保愛子」さんが、早く亡くなられるのも不思議です。

 また、ある占い師のブログでは、「来年のラッキーカラーは、ピンクです。」と言っています。
 皆さん、これを信じますか? あなただけのラッキーカラーではないのですよ。日本人1億2千万人、男女老若、みんなが「ピンク?」だったら・・、想像して見てください。大都市も農山村も、私のようなお爺さんも、日本中がピンクだらけ・・・?
 また、ある占い師;これはある相談者に対して、「来年の個人のラッキーカラー」と「引越しの吉方位」ですが、次のように判断しています。
 「貴方は、九紫火星になります。ラッキー・カラーは、”赤と紫”が基本です。”白・緑・黄・碧”も補助色にすると良いですよ。また、来年の節分以降の引越しなら、”北、南、西南・西北”が吉方位です。」
とのことでした。
 さあ、皆さん、来年のラッキーカラーの矛盾に気が付きませんか?
 占い師により、ラッキーカラーの判断が異なり、「日本中がピンクである一方、この相談者は”赤と紫”がラッキーカラー?」
 一体?どちらを優先にすべき・・・? しかも”白・緑・黄・碧”も吉と判断するなら、”黒”を除いた全ての色彩が吉・・・?
 結局、責任逃れで、「どんな色でも、ラッキーですよ。」と言っているのと同様です。
 また、相談者は京都に在住の男性ですよ。”赤と紫”がラッキーカラーで、男性はどんな服装をするの?
 来年4月から東京の会社に就職予定です。すると、京都からみて東京は”凶方位”になり、引越しができないことになります。この言い逃れで、平安時代から”方違え”という方法がありますが、これも助言していませんし、第一、引越し荷物もあるし、そんな根拠もない”吉方位・凶方位”に付き合っていられませんよ。
 このように、これから年末年始になれば、全く馬鹿げた”占い”が横行します。このブログを読んでいる皆さんだけは、少なくとも年賀状に”うさぎ”の絵だけは、描かないでくださいよ。(干支は動物ではなく、植物でしたね。来年の「卯」年は象形文字で”双葉(新芽)”を現し、「兎」ではない。)
世の中の”真実”を究めてください。


(お知らせ) 
 ”真実”の「十二支の一覧表」(説明文付き)をご希望の方は、有料にて郵送します。あなたやご家族の干支(植物)の意味が判りますよ。なお、命名・改名依頼の方には、無料で添付郵送します。



コメント
干支は植物であること、ラッキーカラーの矛盾を教えていただきありがとうございます。
ラッキーカラーは、どうも出どころが怪しいと思っていました。ラッキーカラーに合わせていたら、いくら洋服があっても足りないです。
十二支に関しては、亥年のため、散々親からバカにされた覚えがあります。兄弟が鼠年です。「ネズミは賢くて出来が良いが、イノシシはブタの親戚だから醜い」と。十二支の占いを信じると、クラスの半数以上が同じ性格になってしまいます。

太宰ファン 2010/11/24 11:31 AM

太宰ファンさま
 正にそのとおりですよ。十二支で「能力・性格・・」が決まるものなら、1クラス1学年の4分の3(4~12月生まれ)は同じ干支?そして全国の同じ生まれ年の者(日本人1千万人)が、同じ干支なのですよ。1千万人が「能力・性格・容貌・・」が同じなんて、常識で考えてもバカげた話ですよ。来年はピンク? 私がそんな服を着たら、”とうとう気が変になったか?”と言われますよ。それこそ「ラッキーカラー」を主張する占い師こそ”気”が狂っていますね。 

望月岳陽 2010/11/24 3:26 PM

相談者の吉方位の北と南は真逆のように感じるのですが…ここには矛盾は無いのですか?そもそも吉方位って個人個人にあるものですか?毎年変わるのも違和感があったりしていたんですが…。建物の中の配置に吉方位があるなら納得出来たりするんですが…?偽者が有名になりすぎたら真実が無くなって困りますね。

まなこ 2010/11/25 2:38 AM

まなこ様
 風水では、誕生日により「本命卦」による「八方位吉凶判断」がありますが、それによると、”南北”が吉方位である場合は「東四命」といい、必ず”東”方面が吉となるのに、”西”方面が吉という判断は間違って、”占い師”助言したようです。また「五黄」の位置で、毎年の個人別の”吉凶”も「大殺界」・「天中殺」などの”占い”もありますが、僅か八種類の分類で、1億2千万人の8分1が同じ運勢ということは、有り得ないことで信じていません。人の運気は一人ずつ皆異なるのですよ。「鬼門(東北)」に本社を引越しして、逆に大発展した松下電器(現;パナソニック)があり、それは方位の影響ではなく、創業者「松下幸之助」氏の”姓名からの運気”によるものです。方位の吉凶は、そんなに意識しなくても人生に影響して来ませんよ。

望月岳陽 2010/11/25 1:36 PM

風水について 吉方位、凶方位ありますが‥日本の風水はなんとも簡略的ですから。例えば、東が吉といっても転勤で家族が引っ越さなければならない場合、〔東四命〕〔西四命〕で、家族で暮らしていたらどうなるんだろう‥など考えれば狼狽することないんです。それこそ、中国には何千と流派があるといわれております。本物はなかなかみつかりません。天中殺は空亡と同じように扱われていますが、現在の中国では、使われていないですが、方位には使われている流派が多いみたいです。

小森 憲一郎 2010/11/26 2:02 PM

小森憲一郎さま
 そうです。吉凶方位は、家族一人ずつ異なる家庭もあります。その場合の引越しの方位は、誰の方位を採用するのか?迷いますね。家相の方位であれば、その部屋に長時間いる人の方位をみますが、家族全員が使用するリビング・玄関・トイレ・風呂などは、吉凶の方位・位置など不明確であり、私は風水でも方位は重視していません。(単身赴任・外国航路船員などで、長期不在の家族の判断、その吉凶方位は不確定になる欠点があります。)

望月岳陽 2010/11/26 5:36 PM

風水というと家屋に応用するのが一般的ですが、非常に複雑で一般の人には理解できません・・・先生のように姓名に風水を取り入れれば、非常に合理的ですしどこにいても風水の力に守られている、いわば歩くパワースポットですね。

oi 2010/11/27 4:47 AM





占い・鑑定 ブログランキングへ





youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。