スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因果関係を否定する疑問

04 /05 2015
「イジメ」と「自殺」の因果関係を否定する疑問?

2010.11.09 Tuesday
-
00:27
comments(16)
-


[第1118回](中吉)・・・11月9日(最大吉)

『 学校でのイジメを認めながら、自殺の因果関係を認めないのは、教育委員会の責任逃れか・・・!』
 このような事件は、近年から現在まで、全国にイヤと言うほど、"責任逃れ"の学校側・教育委員会の見解があり、このブログでも数回採りあげました。
 当初、学校でのイジメを保護者が、再三申し出たが、その把握さえ行わず怠慢のうえ、”イジメ”はありません、と言っていたのが、このたびヤッとイジメを認めたと思ったら、今度は、「自殺との因果関係は分かりません。」とのこと。
 群馬・桐生市で小学6年生「上村明子」さん(12)が自殺し、家族が「学校でのいじめが原因」と訴えている問題で、これまでイジメについて「把握できていない」と繰り返していた学校側が8日、「イジメがあった」という調査結果をまとめました。
言葉で『臭い、こっち来るな』とか『あっち行け』とか、『お前の母さんゴリラ顔だからお前もゴリラだ』とか・・・。どこ行っても一人ぼっちで・・・。 私の方も何度となく先生に相談したが、全然わかってくれないし・・・」(父・竜二さん)
 明子さんの死後、部屋からは「学校を消したい」「恨む人に今までやられたことをやり返したい」などと書かれたカードが見つかりました。中には特定の顔にバツ印がついた同級生の顔写真もあったといいます。
 このようなイジメの実態と本人の心境があれば、『イジメと自殺』との”相当因果関係”があったと、結論付けるのが自然です。
 いいですか、大人の感覚で判断するのではなく、”感じやすい年頃”の12歳の少女、という目線に立ち、自分がその立場だったら・・・?自殺を選ぶのでは・・? という判断基準を下げて、因果関係を判断すべきです。
 そうすれば、この事件は”イジメと自殺”に社会通念上の「”相当”因果関係」があったと、法的な解釈ができます。これでも教育委員会が認めない場合は、「因果関係がない。」という立証責任は教育委員会側にあります。
 これを「挙証責任の転換」(法律用語)と言い、裁判になれば、恐らく反証できないでしょうから、被害者側の”勝訴”(教育委員会側の敗訴)になりますよ。(この小学校は市立ですがら、損害賠償金は桐生市が負担します。)

 ここからは、「天命数霊術」の判断になります。
”イジメと自殺”の因果関係は、”個人差”をも判断する必要があります。
「上村明子」天格11・地格10・総格21
どうですか? 前述のようなクラスの大半から”暴言”をはかれ、孤独の中での小中学生活に耐える”強い根性”は、12歳の少女では90%はないと思います。

 その状態の中でも、特に明子さんは「1」のダブりと地格10から、非常に「”神経が細やか”で”傷つきやすい”」性格ですね。普通の子以上に傷付くのですよ。これが、もし「9・5」タイプか「4・7」タイプであれば、少しは耐え、イジメを跳ね退ける「性格と運気」がありますが、因果関係には生徒により、多少の”個人差”があるのを、教育委員会も学校側も気付いていませんね。

 これに対して、昨日の5夜連続の『99年の愛』に登場した妹役「平松さち」(旧制;女学校)は、「敵国の日系のアメリカ国籍だ!アメリカへ帰れ、死ね!」とも言われ、クラス中で暴言を吐かれ、水を掛けられイジメられますが、「平松さち」天格8・地格11・総格19 であり、その運気と強い性格から、イジメに耐えますね。そして、成長して世界的なデザイナーになったという設定でしたね。

 どうですか、ご両親は愛情をもって、「上村明子」さんと名付けられたのでしょうが、小6年生まで育て、亡くなられたことはお気の毒であり、1人でも子どもが亡くなることは、日本の損失でもあるのです。
 もっと、教育委員会と学校側は、真剣に責任を持って、イジメ解消に取り組んで頂きたいですね・・・。


コメント
 上村多佳子とか素晴らしい名であれば全く別の人生になっていたでしょうに・・・可哀想ですね。

ナルヒサ
2010/11/09 1:40 AM


ナルヒサさま
 そうです。人生は天格の1画・1字違いだけで、大きく異なります。同じ「あきこ」の呼び名なら「安紀子」もありますね。同じ苗字の1字目が3画の場合は、「上原多香子」などのようなベストの名もあるのです。


望月岳陽
2010/11/09 9:45 AM


この教育委員会と学校の見解は、全く酷いもので、体裁を気にし、人命を無視しています。12歳の頃…いじめをうけたことあります。当時、色黒で、あだ名はチビクロサンボ。背は高いのに…色黒=汚いとなり、僕がプリントやテスト用紙を配ると【汚い】って仕草をされ、これでも相当傷つきます。 私は、字源悪い名前でしたが、天15・地19でした。僕はいじめの原因を探り、いじめられない方法を考えました。先ず、成績をトップクラスにすること、運動神経を鍛え活躍すること。最後にいじめる奴から受け取るものを、私にしてるようにやって僕の気持ちを解ってもらうこと。…努力して成績はトップクラスじゃないが常に一桁【45人中】、毎日ジョギングや体育授業を懸命にやり、運動会リレー代表、委員会活動積極的参加。結果、いじめは完全になくなりました。寧ろ、頼りにされた。
明子さんは、傷が内面にしか向かなかった…最悪の状態に
天命数霊術観点から言えば、9ないし5が有れば、はやまった事するまえにいじめ回避の事を考えただろうし、4:7なら負けない根性で立ち向かったかもしれません。痛恨の極み。ひとごとに感じなかったです

小森 憲一郎
2010/11/09 12:17 PM


家族の名前も影響してるのかも…。


2010/11/09 2:34 PM


いじめで娘を亡くした【小森 美登里】さん。亡くなったのは娘さん【小森 香澄】さん。
裁判で争い勝訴したものの、6年の月日を要して、市は440万の賠償金にて終りました。天命数霊術観点からみてかなり苦労もあり、事故になったのはわかりますが、痛恨の極みです。命が440万円…命をお金で判断するものじゃないけど、これが現実。教育委員会は、管理不十分で市町村に迷惑かけることを嫌い、いじめを認めない、校長や担任は首がとぶのを恐れ、いじめと自殺の因果関係を認めない…これが先進国日本の教育実態!もはや自衛しかないのか…天命数霊術を知っていれば…この姓名術を広く知ってほしいと願うばかりです。同じ苗字なので、ずっと経過きになっていたのです。天命数霊術は広く知らせる必要を強く感じました

小森 憲一郎
2010/11/09 5:35 PM


小森憲一郎さま
 良く立ち直りの努力をされましたね。小中学生の男子であっても、”気”と”運気”が弱く自殺した事例は沢山ありました。貴方は画数だけでも、逆境に耐える”根性”と”努力”で立ち直れたのです。昔は教職員がシッカリし、児童生徒や保護者も教職員を尊敬していましたから、現在のような”陰湿なイジメ”はなく、”腕白坊主”くらいのものでしたから、イジメによる自殺など聞いたこともありませんでしたよ。

望月岳陽
2010/11/09 5:38 PM


小森憲一郎さま
 そのとおりです。「因果関係」を認めないのは、”責任逃れ”と”自己保身”しか考えられません。このような慰謝料を主体とした損害賠償金額は、日本の裁判では誠に少額です。弁護士の手腕にもよりますが、「逸失利益」額(生涯賃金からホッフマン方式で計算)の損害額まで、その弁護士は請求しなかったのでは?これを認めるような判例を常態化すれば、教育委員会や市町村も本気で、イジメ問題に取り組むでしょうが、まだ有能な弁護士は少ないようです。その母子とも「天格12」で地格が「9・5」系列ではないので、このような事件事故に巻き込まれるのですよ。

望月岳陽
2010/11/09 6:11 PM


きっと明子さんのご両親は『明るい子』になってほしいと願って命名したに違いありません。しかし願うだけではいけないのですね…一人にでも多く、望月先生の命名が広がることを強く望んでいます。ところで質問なのですが、『平松さち』さんのように平仮名の場合、どのように数えるのでしょうか?遡り探しましたが、見つけられず困っております。ぜひ今一度、ご教授願います。(あと、『さ』は『平』の尖りを受け止められるのでしょうか?)


2010/11/10 11:15 PM


薫さま
 平かなの画数については、投稿済ですが、平かなは漢字の”草書”から平安時代にできた日本語特有のものです。たとえば「さ」の場合は「左」の草書です。画数は”筆圧”の繰り返しで数えるのが原則ですが、人の癖で、切り替えしや筆圧の違いで画数が変化する字もあります。「平」の1本立ちの尖った点は、「さ」の”横”ラインで止めていますので、”尖”による凶気は防いでいます。(「ち」は「知」の草書であり、筆圧から3画となります。)

望月岳陽
2010/11/11 12:04 AM


私も小中とイジメにあいました。名前の漢字が也がつくので語源がよくなかったんだと思いますがしかし天格が19なので助けてくれる友達や自分のことを分かってくれる友達がいたので学校には休まず行くことができました。改めて名前は大事だと思ったのと一人でも分かってくれる友達がいたなら明子さんもきっと救われたのにと思うと本当に残念です。明子さんの御冥福をお祈りいたします。

彩奈
2010/11/11 9:05 AM


彩奈さま
 それは苦労されえましたね。でも天格19でしたら、それを乗り越えられるのが不思議なのです。5大条件が揃った姓名なら、初めからイジメを避けることができます。私など、頼みもしないのに、用心棒を申し出た「腕白坊主」が、小中と守ってくれましたよ。これも”運気”なのです。

望月岳陽
2010/11/11 6:09 PM


いじめって、いつの時代も無くならないですね。私も名前を変える前、無視される程度のいじめを経験しました。天格22でしたね。改名後は天格16で微妙でしたけど…。耐えられない事は無かったのかなぁ~。最近のいじめられっ子は万策尽きて死を選んじゃう弱さが名前にも影響していることを考えると、親の愛だけでどうにもならないことだと痛感しますね。天命数霊術がより多くの人に知ってもらえる事を切に願わずにはいられません。

まなこ
2010/11/12 1:07 AM


まなこ様
 不思議なのですよ。「天命数霊術」からみてベストの名を持てば、イジメを避けることができます。親の愛情と子の運気は別物、ということは、何度もその事例を投稿済ですね。

望月岳陽
2010/11/12 6:42 AM


 法律の罰則の強化などもイジメ対策としてはいいですが、外部からイジメを見直すのにはやはり限界があります・・・環境が変わればまたイジメに遭遇する可能性もいなめませんし、やはり先生のせつで生命力溢れる名前をつけるしかないですね。

ナルヒサ
2010/11/12 7:12 AM


答えは二と明。
三は人があるが、二は人がない。
明と二の組み合わせで、天と地は照らすが人は照らず。
よって人に恵まれない。
親や兄弟や友達に人がつく名前の人がいれば良い。

ヤマダ
2010/11/13 10:00 AM




占い・鑑定 ブログランキングへ




gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。