感動の8歳の住職代行

秘伝
03 /09 2015
感動の8歳の住職代行: ”通し名”が心配か?

2010.10.09 Saturday
-
07:13
comments(8)
-


[第1091回](大吉)・・・10月9日(大吉)

『 亡き父親(住職)の代行で、僅か”8歳”で檀家回り・・・ 』
 北海道・渡島管内森町で、僅か8歳の小さなお坊さんが、法衣を着て檀家を1人で回って、仏前でお経を唱えていると、地方新聞の記事。
 住職の父親が2年前に病死し、来年の9歳になれば、正式に得度(仏門に入ること)を目指しており、将来は後継者として寺を守るという感動の話。
 8歳と言えば、まだ遊びたい盛り、でも勉強の傍ら、一生懸命にお経を覚え、今では袈裟がけの正装で一人で檀家を回り、檀家の人は「9歳で得度した”親鸞”上人の再来か・・・? 」と感動されているそうです。
 この少年は、浄土真宗大谷派の祐専寺:「三浦祐慧(ゆうえ)」君=森小3年生。小学1年の時から、祖父の祐伸さん(76)にお経や仏教のしきたりなどを学んでおり、お経は「嘆佛偈(たんぶつげ)」「正信偈(しょうしんげ)」「三誓偈(さんせいげ)」の三つをほぼ暗記し、すらすらと読み上げるそうです。
 祐慧君の父親「三浦祐良」さんは、2年前に46歳で死去した副住職でした。
 しかし、住職である祖父の「三浦祐伸」さん(78)が居られますが、祐慧君は長男ですから、将来の住職を継ぐものとして、住職代行の修行と檀家回りをしているのです。
 祖父の祐伸さんが、8月に足の骨を折り入院したため、盆には祐慧君が代わって、約40軒の檀家を回ったそうです。その後も檀家から供養の要請があると、1人で法衣姿で出向いています。仏間に入ると、「お経を上げさせていただきます」と、頭を下げてあいさつし、仏前で「嘆佛偈」などのお経を流暢に唱え供養し、住職代行を立派に果たしているのです。
 この寺の本山は、真宗大谷派(東本願寺;京都)ですから、その宗祖は「親鸞上人」ですね。親鸞上人は、9歳で得度したので、9歳から得度できるそうです。祐慧君は、来年1月の僧侶試験に合格し、同8月に京都・東本願寺で得度、正式に僧侶になれるよう、現在も「勉強」に打ち込んでいるとのことです。
 祐慧君は「お経は漢字ばかりで難しいが、祖父が唱えるのを聞くうちに覚えた。頑張って試験に合格したい。」と意気込んでいます。
 祖父の祐伸さんは「これから少しずつ仏教を勉強してほしい」と温かく見守っています。
 一方、檀家総代の「石井美智磨」さん(83)は、「祐慧君が檀家を回る姿は、ほほ笑ましい。今後が楽しみだ。」と活躍を期待しているとのことです。
でも、仏門修行のためには、北海道の故郷を離れ、京都で小学校に通いながら、同時に厳しい修行が待っています。
 さて、「三浦祐慧」君は、天格12・地格25・総格37 ですね。この判断は、天格12であっても、地格が「9・5」系列で、総格37ですから、その天格12は、”事故事件”の暗示ではなく、職業や勉強で”苦労性”の運勢と、投稿済ですね。
 それより、この三代を見ただけでも、「祐」の”通し名”を使用している点に心配があるのですが、その”凶気”は、父親の「祐良」さんが、46歳という若さで、亡くなられていますのも、「祐慧」君に代わって”通し名”の犠牲になっておられますので、もう心配はないと思います。
しかし、この”通し名”の「祐」の字体を、将来、「祐慧」君の子・孫・・の子孫に承継しない方が、お寺の繁栄のためにも良いと思うのが、今日のブログの趣旨なのですよ。
(通し名;祖父「祐伸」→亡父「祐良」→長男「祐慧」)

 私事ですが、この境遇と全く同じ現象が、今は従兄が住職のお寺(真言宗高野山派)に”通し名”の影響を受けている事例があります。代々「照」の字体を”通し名”にしていましたので、従兄が小学5年生の時、父親が戦死。そこで住職の祖父が、当時11歳の従兄に仏事を教え、その後は学校の勉強と本山での修行を併行して来たという経緯があります。

 このように”通し名”の使用は、何代目か不確定ですが、ある代には大変な苦労する境遇になるのですよ・・・。




コメント
安倍晋三や小泉純一郎も通し名で父親を早く亡くしてますね。
兄弟でもあんまり同じ漢字は避けた方がいいと思います。

かすみ
2010/10/09 12:33 PM


かすみ様
 そうですよ。なぜ”通し名”が良くないのか、その理由も投稿済(「陰陽の吸引作用」)ですね。旧家ほど”通し名”が多いのですが、将軍「足利家」の”義”、「徳川家」の”家”で、15代のうち、”長寿や名君”の将軍は、15人中、各3~4人しかいませんね。できれば兄弟も”通し名”にしないに越したことはありません。

望月岳陽
2010/10/09 1:35 PM


こんにちは。以前兄弟の
通し名は大丈夫だとメールでお聞きしたので子供は通し名になっています。やはり兄弟でも通し名は駄目なのでしょうか?

若奈
2010/10/09 5:45 PM


若菜さま
 通常、次三男は分家になり、そこから新しい系統が始まるので、先祖からの影響が少ないので、大丈夫だと言ったのです。でも何らかの理由で、本家を継ぎ、長男の役目をする可能性もありますので、その時を予測して出来る限り”通し名”にしておかないのが無難なのです。

望月岳陽
2010/10/09 7:37 PM


ご無沙汰しておりますf^_^; さて、テレビで見て知ったのですが、フィギュアスケーターで、【織田 信長】の血縁にある【織田 信成】さん。 最近、結婚して子供が生まれ、名前が【織田 信太朗】くん。 信が通し名…朗が10画で補画で損をしてるし…地格は9でいいですが…望月先生の見解をききたいです☆名前の解釈としては良くないとおもいますが☆どうでしょう。どのように悪いかわからなくて…

小森 憲一郎
2010/10/13 3:16 PM


小森憲一郎さま
 そうです。「織田信太朗」くん。「信」は”通し名”のうえ、”語源”からも”苦労性”の字体です。それに「朗」よりも「郎」が男の美称で9画、すると総格も45となり、はるかに運気の違いがでてきますのに、残念な名付けです。「天命数霊術」を知らないと、大きな損をしますよ。

望月岳陽
2010/10/13 6:46 PM


織田信成くんは直系ではないですが・・・通し名は避けるべきでしょうね、語源も悪いし。

sai
2010/10/14 12:58 AM


saiさま
 関大の「織田信成」は「織田信長」から18代目、分家の流れと言われていますが、戦国時代から「信」は”通し名”。信長以降、名君は誠に少ないです。もちろん、”通し名”は止めた方が良いですよ。

望月岳陽
2010/10/14 7:42 PM





占い・鑑定 ブログランキングへ



youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。