スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”経営三原則”を充足。

03 /07 2015
”経営三原則”を充足。

2010.10.06 Wednesday
-
01:02
comments(0)
-


[第1088回](中吉)・・・10月6日(小吉)

『 今年の猛暑の夏でも、爆発的な売り上げが伸びた「豊橋カレーうどん」、その理由が分かりますか? 』
 ”うどん”と言えば、コシのある「讃岐うどん」も全国的に有名ですが、「豊橋うどん」も百年以上の伝統がある名物です。
 でも、今年の夏の「豊橋カレーうどん」は、爆発的な人気で売り上げを大幅に伸びているそうです。
 なぜ、「豊橋カレーうどん」が、豊橋市の”町おこし”になり、”口コミ”や”ブログ”などで、新名物として紹介されたのでしょうか?
 先ず、”町おこし”を思案していた豊橋市、昨年の夏から、観光コンベンション協会の「鈴木恵子」さんの発案により、メニューを地元の麺類組合に開発を依頼しました。
 豊橋市と商工会議所の協力の元、8回の試食を経て今年4月末から、豊橋市内の40店で発売したところ、発売直後のゴールデンウィークの観光客に好評で、2週間でうどん店の売り上げが2割伸びたとのこと。そこで町の活性化に効果があると判断し「豊橋カレーうどん」のネーミングでPR、その結果、特に今年の猛暑の夏にもかかわらず、遠距離観光客にも人気があり爆発的な売り上げとなったそうです。
 さて、この新名物となったのは、正に故「松下幸之助」氏の”経営の三原則”を充足しているからなのです。
①[独創性]
 従来、全国の「カレーうどん」とは異なり、”独創性”があります。
 それは、丼の中が”三層”に分かれているからです。
 底から一層目は”ごはん”、二層目は”とろろ”、三層目が”カレーとうどん”。「初めはカレーとうどんの味」を楽しみ、底に近くなると「残った”カレー”と、底にある”とろ”と”ご飯”の三つを混ぜて食べる味」と、一つの丼で二つの味を楽しめる”独創性”。
 そのうえ、丼の上に乗せるトッピング、すべての店が異なる工夫をする条件であり、”ふあふあ玉子焼き”とか”とろけるチーズ”など多彩で、店の特色を出すよう工夫しています。
②[意外性]
 お客を”あつ”と驚かす”意外性”がありますね。
 従来の平凡な「カレーうどん」と異なり、前記①のように「三層にあるカレーうどん」には、初めて食べるお客は、”あつ”と驚きますね。これが”意外性”なのです。
③[大衆性]
 この「豊橋カレーうどん」は、”子どもからお年寄り”まで、もちろん男性・女性の区別なく、消費者の層が厚い食べ物、特に子どもはカレーが好きで、親も同伴する家族連れも多く、サラリーマンの昼食にも好評であり、”大衆性”があるものです。

 どうですか? この”経営の三原則”を満たすなら、どんな商売・商品でも爆発的に売れます。昔から、どの家庭にも必要な家電製品、そして近年のパソコン・携帯電話など、すべて”三原則”を満たし、世界中に爆発的に売れていますね。
 さあ、「姓名判断・命名・改名」の分野、従来の日本中の説と「天命数霊術」とを比較した場合、どちらが”独創性・意外性・大衆性”がありますでしょうか? 「”9”こそ最大吉数!」と主張するだけでも”独創性・意外性・大衆性”がありますね・・・






占い・鑑定 ブログランキングへ



gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。