スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気の毒;「木」が7つもある美人

6
02 /23 2015
お気の毒;「木」が7つもある美人。

2010.09.27 Monday
-
00:06
comments(1)
-


[第1079回](大吉)・・・9月27日(小吉)

『 とても感じが良い”美人”! でも”難聴”だとは、本当にお気の毒・・・』
と、昨日、NHK教育TVの『ユニバーサルデザインを考える ~東京国際空港新ターミナルを例に~「ろうを生きる 難聴を生きる」』の再放送を見て、本当に”お気の毒”だと思いましたよ。
 来る10月21日に、同空港の国際線新ターミナルが開通の予定ですが、障害者(難聴・視覚・身体障害者)に優しい画期的な設備を放映していました。
 エレベーターや盲導犬のトイレなど、世界に誇れるもので、そのデザインなどの意見を具申したのは”難聴”の美人「松森果林」(35)さんなんですよ。
 彼女は、小学4年から高校時代に聴力を失い、短期大学デザイン学科卒業後、会社に勤務していました。出産を機に退職した後は、子育てをしながら、執筆活動や工科大学非常勤講師、(株)ピクセン商品企画顧問として、難聴者のために、香りを使ったユニバーサルデザインの開発に取り組むなど、聴覚障害者の立場から多彩な活躍をされています。代表著書に「星の音が聴こえますか」(筑摩書房)などがあります。
 聴覚障害は、外見で分からない障害です。
 健常者には気が付かない搭乗案内アナウンス、コミュニケーションが困難なバリアなどの意見を具申しています。彼女は「私達聴覚障害者が一番重点を置いたのは、情報を”見えるよう”にする。」とのこと。
 この新国際線ターミナルでは、彼女など障害者の意見・要望を、事業者側が徹底的に協力して、世界で初めて実現したことが多くあるとのことです。
 さて、本当に”人柄も良く、賢い美人を、”難聴”にする神仏の心が、理解できませんね。神仏のイタズラにしても、なぜ? 神仏は人間を”格差だらけ”にするのか? 

「松森 果林(かりん)」天格16・地格20・総格36

ご両親が、”愛情一杯”に名づけられたと思いますが、”ご両親の愛情”と”子供の健康運”とは”別もの”の実証例の一つです。
 全て”偶数”のうえ、”6”系列が2ヵ所、地格が”0”系列であり、しかも「果=8」と「林=8」が、それぞれ天格と地格に含まれますので、”奇数”が1ヵ所もない姓名です。
 このような点から判断しますと、”8”が2ヵ所含まれていますので、”思いやりがある優しい人”であり、”6”系列2ヵ所で美人ですが、総合的に見て”病的=難聴”になる現象は避けられなかったのですね。
 そのうえ、以前の実証例「木」が4ヵ所の姓名を投稿しましたが、この姓名は、実に驚くことに、「木」が7ヵ所もありますね。このような旁・偏が偏るのは、「龍脈=形」に違和感があり、”龍神”が守りにくい姓名になります。ですから、その”病的=難聴”を龍神が守護できにくい姓名になっているのです。(「松森」姓には、”木”へんの字体は使用すべきではない。)
 このような方は、ぜひ「9・5・1」が2ヵ所以上ある改名をして上げたいですね。皆さんやお子さんの中にも、このような”偶数”ばかりの名で、旁・偏がダブル名なら、”病気”というのは、いつ訪れるか、予測できないものです。
 この「松森果林」さんも、小4年生までは”健常な”可愛い女の子だったでしょうね・・・。



占い・鑑定 ブログランキングへ



gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。