スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治以来、前代未聞の不祥事

02 /15 2015
大阪地検特捜部「前田恒彦」主任検事が逮捕される。

2010.09.22 Wednesday
-
10:11
comments(11)
-


[第1075回](大吉)・・・9月22日(大凶)

これこそ、"大事件"ですよ。
私の主張どおり、昨晩、”検察官”が逮捕されましたね。
先日の11日のブログ;『必読!自白を強要する検察官・警察官を逮捕せよ!』と投稿したばかり。
 タレントの麻薬事件とは、比較にならないくらいの大事件です。
 明治以来、前代未聞の”検察庁”の不祥事。タレントの法令の遵守義務は、一般国民と同等ですが、「検察官」は採用されるとき、「憲法及び法令を遵守します。」という宣誓書に、当然サインして一般国民より重い義務と責任を科していると投稿したとおり。「証拠隠滅罪」容疑で、大阪地検特捜部主任検察官「前田恒彦」(43)容疑者が逮捕され、正義を守る検察機関の”大不祥事”です。
 このように検察庁の改ざん・捏造された「証拠物件」が横行するようでは、今まで”冤罪”が起こるはずであり、今後の”裁判員裁判”に従事する裁判員の”心証”を大きく左右します。
 今後、検察庁の証拠物件に疑問があるなら、裁判官も裁判員も公正な判断ができない。この事件は、わが国の公正な裁判を根底から覆す、”大事件”です。
 それにしても、最高検の対応はすばやく、次席検事「伊藤鉄男」氏の記者会見どうり、全貌捜査前に”故意犯”の「証拠隠滅罪」と決断。いち早く逮捕したのは、検察庁の信頼を取り戻すとは言え、適切な処置でした。
 この「伊藤鉄男」次席検事と「前田恒彦」容疑者との姓名を比較すると、その違いが良く判りますでしょう。
「伊藤鉄男」天格19・地格25・総格44
「前田恒彦」天格18・地格14・総格32
この2人を比較する場合、どちらが正義感の持ち主か、切れやすい自我が強いかを判断する場合、内面的な心・性格を現す”地格”の「25」と「14」との違いが判りますね。
 その判断の場合、伊藤氏の総格44は、天格19と地格25の大吉数が2ヵ所ありますので、その44は”意思が強い”という長所に働きます。
 しかし、前田容疑者は、天格18であっても、地格14が総格32の”気まま・喜怒哀楽”の性格が1:2の割合で、天格18の対外的な温厚さは消去されます。ですから、今までも容疑者の取調べで”激昂する検事”との評価が内部でもあったそうです。
 でも、前田検事の”知能”が優れているのは、天格・地格にも「恒=9画」「彦=9画」が含まれ、「彦=ひこ」という”ひ”の音感が知覚神経を刺激し、”知能”には優れています。
 しかし、このような大事件を起こした検事は、有罪となれば、おそらく懲戒免職になり、43歳にもなって失業するのですよ。(通常では、退官すると弁護士になるのですが、おそらく弁護士会も受け入れないでしょう。)
 まさに、姓名の吉凶が、人生も左右されることが、良く理解できましたでしょうか・・・? 「エリート検事」が「容疑者」に転落、当分”拘置所”暮らしを味合うと、冤罪で17年間も刑務所暮らしをした菅家さんの気持ちも、少しはわかるのでは・・・?

コメント
いつもご苦労様です。この事件をテレビニュースで見た時、真っ先にブログの記事を思い出しました。個人的には、いろいろな凶悪犯罪なみの怖さを感じています。一般庶民として国家公務員の皆さんにはバカがつくぐらいの正義感と柔軟な思考力や優しさを持っていてほしいと切に願います。ただ一番いい方法は天命数霊術的な良名を持つ事だとも思いました。中心人物というかトップに立つ人間は本当に九・五・一が必要不可欠ですね。最高検の対応の速さは少しだけほっとしました。

祖母の桜餅
2010/09/22 7:41 PM


祖母の桜餅さま
 コメント有難うございます。この事件も、かっての守屋元防衛事務次官のゴルフ接待事件も、全て”エリート官僚”の驕りと出世欲から、公務員の公共性・公益性、そして国民の人権擁護の意識がない人も多いのですよ。”知”はあっても”徳”のない人は、立派な公務員とは言えないですね。ですから、私は「知徳運」という用語を「健康運」の次に必要な運気と「天命数霊術」で判断しています。

望月岳陽
2010/09/23 12:19 AM


世の中捨てたものではないですね!このタイミングで検察が自浄作業を示した事は、かなりのインパクトがありますね。少し安心しました。間違った事は間違った事であり、それを意外にすんなりと認めた事は実に痛快で、評価したいです。

エン
2010/09/23 12:51 AM


エンさま
 今回の事件は、三権分立(国会・行政・司法)の一角”公正独立”の司法が崩れる事件と受けとってもよい大問題なのです。検察の公正性が崩れると、裁判所の真正な判決ができなくなるのは当然なことです。その意味で、検察庁もこの機会に、猛反省し意識改革を進める良い切っ掛けとなり、国民も司法にも関心を持つ機会となったと思います。

望月岳陽
2010/09/23 10:27 AM


小澤一郎さんも無罪なのにしつこくやられてますね。検察どうかしてるぜ。

岡村隆史休業中
2010/09/23 2:35 PM


岡村隆史休業中さま
 そうですね。検察が信用できなくなると、小澤一郎や鈴木宗男の事件も、すべて検察の捜査が疑わしくなります。どの組織も一人の信用失墜が、全体に影響するので、一人ひとりの責任の自覚が大事なのです。

望月岳陽
2010/09/23 5:09 PM


語源の悪い漢字でも9画なら知的に秀でると解釈して良いのでしょうか?

oi
2010/09/23 11:00 PM


oiさま
 いいですか。運気には「健康運・知徳運・社会運・家庭運・金運・・・」などがありますね。画数と語源とは、互いに関連はありますが、第一段階の判断は別に考えてください。「9」は例えば「知徳運」のうち”知能”が良いと判断しても良いのですが、”人徳”が備わっているか否か、を判断する場合は、画数配列でみます。「前田恒夫」は天格18ですが、吉数:凶数=1:2ですから、18の人徳は消去されます。また、「恒」という字体は「俊」の次くらいに知能には恵まれますが、「宗」の”語源”のような「人徳」はなく、画数配列が良くないと、”気ままな性格”の人にもなります。。

望月岳陽
2010/09/24 12:20 AM


 そうですか分かりました。鈴木宗男さんの場合は人徳が備わっていたから名のある政治家になったのですね。画数はよくないですがサッカー選手の宮本は非常に人徳・知徳にすぐれた方だと感じます。奥が深いですね。ご丁寧な返信ありがとうございます。

oi
2010/09/24 1:00 AM


 先生の説では、臨床医・弁護士は嫌な仕事とされておりますが、検事・裁判官はどうなのでしょうか?わたしは経験がないので感じたことしかいえませんが・・・検事・裁判官・高級官僚も正直苦労が多いのではないでしょうか?その根拠は検事は被疑者を取り調べるつまり疑う。裁判官も同様でその判断によりその方の人生を狂わせてしまいかねないそんなことを言っていたらキリないですが・・・


2010/09/30 2:16 AM


る様
 いいですか。裁判官は民事と刑事の両方を扱いますが、検察官は刑事事件のみです。その中でも、重大な殺害事件(死体バラバラ・白骨・他殺焼死など)では、警察からの要請で、現場検証に立会います。気の弱い人では、首や胴体のバラバラや腐乱死体など見ると、卒倒しますよ。それに裁判官も検察官も、逮捕家宅捜査令状を発行するため、夜中でも叩き起こされる仕事があります。裁判官・検察官でも、高裁・最高裁・高検・最高検になりますと、一審からの膨大な資料を読みこなし、判断するので、夜間・休日でも資料を家に持ち帰り(宅調という)、仕事をしているのが普通です。こんな職業でも良いですか?

望月岳陽
2010/09/30 2:44 AM



占い・鑑定 ブログランキングへ




gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。