日和山公園の思い出

歴史人物鑑定
02 /04 2015
「高杉晋作」陶像ある日和山公園の思い出。

2010.09.13 Monday
-
22:08
comments(0)
-


[第1067回](小吉)・・・9月13日(小吉)

『 あなたは、歴史上の人物で、誰を一番尊敬しますか?』
と、ある大手企業の就職試験の面接で”予想外の質問”があったそうです。
 この大学生は、中学3年生の時に,私が改名した息子さんで、高校に入り成績が急上昇した一人です。
 このような質問には、正解というものはないのですが、「なぜ、尊敬するのですか?」 と、次の質問が必ずあります。
 その理由次第によって、審査員が合否点を決めるようです。
 歴史上の人物という制約ですから、日本人でも世界中の誰でも良いのですが、一番大事なのは、その「理由」なのです。
 その息子さんは、米沢藩主「上杉鷹山」と答え、「”藩政改革”が”企業経営改革”にも応用できるからです。」と答えて、後日、採用内定を頂いたと、お母さんから喜びのメールがありました。
 さて、菅総理が尊敬する人物は、幕府を倒した奇兵隊長「高杉晋作」(長州藩士)だそうです。(最近では、大河ドラマの影響で、「坂本龍馬」という人が多いでしょうね。)
菅総理は、徳山市育ちですから、やはり長州藩の偉人を尊敬するのは自然だと思いますが、その理由は「革新的な奇兵隊を組織し、薩長同盟で幕藩体制を倒した一人で、これを現在の国政にも見習うところがある。」ということをTVで話していました。
 その割には、奇兵隊のように、現在の円高対策の”機敏性”がないですね。国のリーダーは機敏な判断力と行動力が必要とされますが、少し手ぬるい感じがします。
 ところで「高杉晋作」と言えば、私も下関育ちですから、長州(山口県)出身の偉人の一人として、小学校5~6年生の時から記憶しています。小学校の遠足で、関門海峡を見下ろせる「日和山公園」に登ると、日本で一番大きい備前焼の「高杉晋作」陶像(高さ4m余り)を思い出します。
 そのとき、担任に「高杉晋作とは、何をした人?」と聴きますと、「さあ、何をした人かな?でも、結核で若くして亡くなったことだけは、聞いている。」との問答を昨日のように覚えています。
 もちろん、小学生に難しいことを言っても、理解できないから、そのように言われたのでしょうが、難しいことを子どもに判り易く説明するのも、大人の責任ですよ。
 さて、この「高杉晋作」という人、実に先見性・行動力のある人でしたが、何しろ健康運に恵まれず、肺結核を患い、「大政奉還」の世の中を見ずして、27歳の若さで亡くなったのです。
「高杉晋作」天格20・地格14・総格34
もっとも、彼は沢山の改名・号・字、そして新撰組から身を隠すため、変名も5~6つ使いこなしていましたが、やはり”通称名”の「晋作」が一番多く使用していたようです。この配列を見ますと、全て”偶数”のうえ、天格20で「晋=10画」を含んでいますし、誕生日も20日生れで、やはり”病”を招いたのだとも判断できます。
しかし、地格14(7×2)と総格34(17×2)と分析しますと、典型的な「4・7」タイプ、非常に”負けず嫌い・頑固・切れ易い”性格でしたが、この「4・7」タイプが長所に働くと、バイタりティある”・積極性・行動力”が出てきます。でも、このように歴史に残る倒幕の志士、「高杉晋作」は身長150cm余りの小柄でしたから、残る写真は椅子に座ったものしかありません。でも、こんな小柄な男子でも、歴史に名を残し、死して、高さ4m余りの日本一高い”陶像”で、現在でも関門海峡を見下ろし、同盟の薩摩の軍船が来るのを待っている姿です




占い・鑑定 ブログランキングへ



youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。