『十三人の刺客』

歴史人物鑑定
01 /25 2015
『十三人の刺客』は、故人に対する名誉毀損か?

2010.08.30 Monday
-
09:55
comments(0)
-


[第1058回](中吉)・・・8月30日(小吉)

『 確証のない史実で、固有名詞(「明石藩」と15代藩主「松平斎宣」)を挙げた暴君ぶりを公開するのは、故人に対する名誉毀損の疑いがある。』
と私は思いますし、明石市も菩提寺も子孫も困惑しているとの神戸新聞ニュース。
 現在の子孫「松平家」は、この映画による”先祖(故人)に対する名誉毀損”の被害者だとも解釈されます。
 来月9月25日から全国東宝系で公開される映画『十三人の刺客』。
 久方ぶりに前評判が高い時代劇映画。国際映画祭にも参加が決まっているとか。
 フィクションですが、15代藩主を「松平斎韶」(なりつぐ)との名にしていますが、15代と言えば「松平斎宣」(なりこと)と特定されます。
 この”暴君ぶり”が強調され、13人の刺客が”暗殺”の密命を受けるストリーです。
 しかし、モデルとなった藩主の菩提寺などでは、そんな史実は伝承されておらず、不確かな内容であり、「不本意」と受け止められています。
ベネチア国際映画祭への出品も決まり、受賞すれば明石市の悪いイメージが世界に広がるかもしれず、関係者は注目しているそうです。
 伝承される史実としては、参勤交代の途中、行列を横切った幼児を家臣が手討ちにしたとも伝えられるが、当時、武家に非礼があった場合は、「無礼討ち」は幕府の諸法度(現在の法律)で認められ、この程度の事件はどこの藩でも行われて、それが”暴君という汚名”には至らないものです。
武家には、藩主の人柄や藩政の詳細には、史実として確証のあるものは少ないのです。あの有名な薩英戦争の起因となった「生麦事件」(イギリス夫妻を殺傷)でさえ、薩摩藩主「島津久光」は、逆に”名君”の評価になっているのですよ。
(暴君とは、失政で領民の過酷な年貢取立て、虐待・拷問・処刑などで一揆が頻発する状態。例えば、天草地方の残虐な”蓑かさ踊り”の”火焙り”処刑方法など。)
 歴代明石藩主の墓所がある長寿院(明石市)の住職は「不行跡があったようだが、それを表面的にとらえて脚色している感じで、不本意だ」と話されています。
 また、子孫の明石松平家の現当主「松平直晃」氏(76;静岡市在住)は、37年前の映画がテレビ放映された際、同級生から「お前の先祖はひどい」と言われ、藩士の子孫からも「けしからん映画だ」という苦情を聞かされたとのこと。
 どうですか? 原作者・映画の脚本家・監督などの関係者は、故人であっても、その子孫に対して「民法上の名誉毀損」になる認識がないように思いますよ。
 江戸時代以前の武家は、「通称名・名乗り・号・字・隠居名」など沢山の名を持っていますので、正確な判断は出来にくいと思いますが、
「松平斎宣」天格19・地格14・総格33
から判断しますと、決して”暴君”どころか、むしろ老中候補ともなった”思いやりのある賢い名君”ではなかったのか? と私は解釈しています。
天格19と総格33であり、地格14は「宣」=9画を含んだ意志の強い方であったとも判断できます。映画内容のような暴君ではなかったのでは・・・?
 「天命数霊術」を修得すると、確証がない歴史的事実でも、推定できるのは、とても便利でしょう・・・。
お名前さえ分かれば、「あなたのご先祖」がどんな方だったかも、判断できますが、旧漢字と日常使用名に留意してください。



ブログ作成の励みになります

占い・鑑定 ブログランキングへ
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪

風水インテリア・雑貨 集めてみました♪

風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪






youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。