「6」という数は相手次第!

6
12 /20 2016
「6」という数は相手次第!
2012.09.20 Thursday - 02:04 comments(2) -
[第1695回](大吉)・・・9月20日(大凶)

『 「6」という数は、”相手の数”次第で”毒”にも”薬”にもなるということ、皆さん忘れてはいませんね。1昨日以来、岡山・笠岡市の倉庫内死体遺棄事件、その犯人が逮捕されましたが、「6」が”毒”に作用した原因でした。』

 さて、皆さん「6」という数;相手の数次第・・・という証明、過去のブログで数回証明してきましたが、岡山・笠岡市の工場の倉庫でカーペットなどにくるまれた女性の遺体が見つかった事件の犯人も、「6」の被害者ですよ。
 このような証明、司法関係者の誰も気付いていませんよ。
 昨日、岡山県警はこの工場に以前出入りしていた香川・三豊市の自営業「池田恭一」容疑者(55)を死体遺棄の容疑で逮捕しました。
池田容疑者は、遺体で見つかった深川智子さん(43)と同居していたということで、警察の調べに対し池田容疑者は死体遺棄の容疑を認め、深川さんの殺害についても、ほのめかす供述をしていますが、殺害の動機は未だ供述していません。
 さて、池田容疑者の姓名は、
「池田 恭一」天格16・地格6・総格22
どうですか、「6」のダブりの結果、「2」の”苦労性”から”事件事故”を呼ぶのですよ。
 『「6」という数、「9・5」が相手なら”薬”になり「大吉!」ですが、「0・6」が相手なら”毒”になり「大凶!」でしたね。』
 この原則、シッカリ記憶してくださいよ。人生の”幸運”を掴むか、逆に”敗者”になるか、この違いは大きいのです。
 いいですか、数が人生を決めると言っても過言ではないのです。
「 6+9=15・・・大吉」「 6+5=11・・・大吉」
「 6+0= 6・・・大凶」「 6+6=12・・・大凶」

この配列からみますと、仮に池田容疑者が「池田 恭太」と名付けられていたら、地格が「9」となり、殺害・死体遺棄容疑になるような人生にならず、幸せな人生であったかも・・・?

 この「6」という数、 
有機化学というのは、自然界の「天地陰陽」に化合する分子次第で”毒(凶)”にも”薬(吉)”にもなる基本記号として「ベンゼン記号」(六角形)となったのです。
 また、「かごめ・かごめ」という童謡は「謎を含んだ童謡」であり、鳥を入れる”籠目(かごめ)”(六角形の模様)が何を暗示しているのか?も、投稿済でしたね。
 この意味は「籠目」の”籠”は、「竹(6)+龍(16)」の合成字体となっています。これは「竹」が”直”であり「龍」が”曲”の「形が違うもの」で構成され、その籠は入れ物であり、その籠の中に入る物(相手)次第で、”吉”にも”凶”にもなることを表している解釈が成り立つのですよ。(参照;[第1512回2012.2.1]「"かごめ"の謎」)
 このような理論も私が開発した「天命数霊術」の秘伝の一つなのです。
 以上のことから、
池田容疑者は「姓名の”6”に操られた人生」であり、このようなことから犯罪を思考すると、法哲学の「罪を憎んで、人を憎まず」という精神が、人生を経験してきた”私の年齢”になりヤッと理解できるようになりました。

コメント
こんばんわ。いつも勉強させて頂いてます。
「 5+1=6」も大吉と考えて良いですよね?
小龍 2012/09/20 9:22 PM
小龍さま
 そのとおり、画数配列としては”大吉”と判断して良いのですが、”大吉”の中にもランクがあり、「9は5を含む」ので「9+1=0」の方がベターです。ただし、女性のうち専業主婦の場合は「5+1=6」でも、良妻賢母型の「5」と美人数の「6」があるので、ランクが高くなります。
望月岳陽 2012/09/21 12:30 AM
スポンサーサイト

”わき見運転”は、「”地獄”が待っている」

6
10 /25 2016
2012.08.19 Sunday - 03:50 comments(2) -
[第1669回](中吉)・・・8月19日(大吉)

『 ”わき見運転”は、「”地獄”が待っている」と肝に銘じてください。楽しかった帰省一家を”奈落の底”に突き落としたトラック! 大事故は、加害者も生涯の破滅で、家族も路頭に迷う。被害者側はもちろん、加害者側も大きな損害、交通事故は誰も得する者はいないのです。』

 交通事故というのは、一瞬の”わき見運転”(前方不注意)から大事故となったケースが実に多いのですよ。
 TVドラマの中でも「助手席の人の横顔を見ながら、走行している運転手」がいますが、1秒でも視線を前方から外してはいけません。前方を見ながらでも、助手席の人とは会話ができるのですからね。
 (45年間、対人・対物事故がゼロの私が言っているのですよ。)
 しかし、十分に注意しても「事故を起こす人・又は受ける人」がいますが、それはもう運転技量ではなく、「神仏が与えた”不運な運命?”」でしょう。
 ですから、何を置いても、「”運気”が良い姓名と車のナンバー」を持つことですよ。”交通事故”は、明日の日も”未知の世界”なのです。
 
さて、地元の山陽新聞のニュースでは、
『 17日深夜、岡山県和気町衣笠の山陽自動車道上り線で、大型トラックに追突され、乗用車の4人のうち3人が重体となった事故で、埼玉県伊奈町大針、大学1年大沢修平さん(18)が18日未明、脳挫傷で死亡した。4人は帰省先から戻る途中の家族で、パンクで路肩に停車、車外に待避しようとして事故に巻き込まれたとみられる。
 母の千鶴さん(50)と姉の大学3年美南子さん(21)は依然、骨盤骨折などで意識不明の重体。父の会社員丈久さん(52)も重傷。丈久さんは宮城県に単身赴任中で、一家は愛媛県内の実家から埼玉の自宅に帰っていたという。
 県警高速隊によると、自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕した大型トラックの運転手「出田基晴」容疑者(44)は「前をよく見ていなかった」と供述している。
 現場は片側2車線の直線。路肩の幅が1メートル前後しかなく、走行車線にはみ出した乗用車の右後部にトラックが突っ込んだらしい。車は側壁に接触しながら数十メートル引きずられ、大破した。・・・(後略)』

 さあ、みなさん、交通事故は不運が重なるのですよ。もし、①パンクしなかったら?②パンクして停車位置が違っていたら?③トラックの運転手が”わき見”していなかったら? など、一つでも悪条件がなければ、今頃はご一家で帰省の楽しい思い出で会話が弾んでいたことでしょう。
 でも、悪夢がもたらした”運命”は、次のとおり、対外的な運気が良い「天格9・5」の人、一人もおられないのですよ。(日常「沢」と「澤」のいづれ使用か不明ですが、天格には無関係です。)
 
父親「大沢丈久」天格6・地格10・総格16
母親「大沢千鶴」天格6・地格28・総格34
長女「大沢美南子」天格12・地格16・補格3・総格31
長男「大沢修平」天格13・地格12・総格25

運転手「出田基晴」天格16・地格17・総格33

どうですか?被害者一家もトラックの運転手も、対外的な運気が良い「天格9・5系列」の人、誰もおられませんね。むしろ、運気が弱い「2・6系列」が多いと、”悪運の事故”を呼ぶのですよ。
 日本中の方の姓名;「天格9・5系列」にしたら、おそらく交通事故は、少なくとも半減すること、請け合いですよ・・・。
 さて、あなたのご家族の運命は・・・いかがですか? 

コメント
ジャーナリストの山本美香さんが亡くなられました。美は生贄だからあまり使わない方がいいんですかね?
951 2012/08/21 2:18 PM
951さま
 この方が亡くなったのは、”事件事故”を呼ぶ「天格12」であり「美」という語源が原因ではないのです。ですから、「美」の字体は、画数配列の条件に合えば、使用しても良いのです。
望月岳陽 2012/08/21 3:15 PM

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。