干支は”植物”

干支について
08 /05 2012
2007.07.18 Wednesday

「あなたの干支(えと)は何ですか?」と聴けば
「私は”寅(とら)”ですよ!」と答えが返って来る。

「どうもヘンだ?」と思ったことがありませんか?

「なぜ?動物のトラなら”虎”と書かないの?」
と疑問に思ったことがありませんか?

それに「干支」と書いて、なぜ「えと」と読むの?

4~5歳ごろのあなたなら、「なんで?どうして?」と
母親に尋ねたかも知れませんが、
大人になると「まあ、そんなものだろう!」と疑問が解けないまま、
自分勝手に納得してしまいますね。

これでは、文系の科学の進歩はありませんよ!
疑問から、”新しい発見!”があるのです。

実は干支は”植物”なんですよ! 
”植物”の1年間(12ヵ月)の成長過程を、”漢字体の一部”を採ったのが、
「子・丑・寅・卯・辰・未・午・未・申・酉・戌・亥」の十二支なのです。

例えば
「寅」は「演(イン)」と読み、「新芽が伸びる」と言う意味で、
”サンズイ”を省略したら「寅」になりますね。
「辰」は「震(シン)」と読み、”雨カンムリ”を省略したら「辰」になりますね。
だから、”トラ”を動物の「虎」や「龍」とは書かないのですよ!

12支を全部説明していたら、長くなりますので、省略しますが、
植物である証拠は、
「干支」の「干」は”幹”(みき)の一部、
「支」は”枝”(えだ)の右半分の字を採ったもの!


「幹」(みき)も「枝」(えだ)も、”植物”ですよね!
”えと”は”動物!”と言う常識は、”植物だった!”と言う事実で180度逆転するのです!


このように、文系の科学で証明すれば、現在の日本中の姓名判断は、
”全く間違いだった!”と判明するのですよ!
21世紀は、正に「天動説」が「地動説」に転換する時代です!

姓名判断の本部では、”日本で一番古く、伝統がある!”と書いていますが、
”古くからの伝承にはウソが沢山あり”、全く進歩していないのです。
古くて値打ちのあるのは、「埋蔵文化財や古美術品」ぐらいのもので、
人間でも”畳と嫁(或いは”夫”)は、新しいものが良いのです!” 

チョッと言い過ぎましたかな?

でも、後世に”真実”を伝えたいのです。天国から”お迎え”がくるまでにね!


※友人に「干支は”植物よ!”」と言ってみて下さい!
皆さん、驚きますよ!「日本で、一番面白いブログ!」と、
1人でも多くの友人に”事実”を普及して下さるよう、ご協力くださいね
なお、「”植物の干支”一覧表」が必要な方は、送り先を連絡下さい!
あなたの干支の意味が分かりますよ!


ブログランキング参加中です。ご協力お願いします♪




youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。